四十雀の素人・初心者による週末農業(+α)日記

四十雀の素人・初心者による週末農業(+α)日記

福島県在住のアラフォーど素人初心者の手による週末農業(野菜・ハーブ育成)の様子を始め,県内(及び隣接県)の温泉,日本酒,釣り紀行,各種写真(野鳥,風景,猫等々)等,名産品や見所をゆるくご紹介するブログです。

新居を建てる話(その24)

 こんにちは,四十雀です。

 今回は,私こと四十雀が新居を建てるまでの話,第二十四夜となりますが,一つ,大きな出来事についてお話したいと思います。


時期:令和3年2月

一 2月13日~2月28日までの新居の外観

ア 2月13日

 さて,新居の外観についてをご紹介する前に。

 上記の日付を見て,ある出来事を思い出す方も多いかな,と思います。

f:id:sizyuukara-1979:20210301115217p:plain


 令和3年2月13日午後11時頃,福島県沖を震源とするM7.1の地震が発生,郡山市でも震度6弱を記録しました。

 私の実家でも,本棚が倒れたりと色々被害が出たことは以前,本ブログでお知らせしたとおりです。

sizyuukara-1979.hatenablog.com

 

sizyuukara-1979.hatenablog.com

 

sizyuukara-1979.hatenablog.com


 東日本大震災時に匹敵する規模の地震でもあり,建設中の新居も被害がないか不安になりましたが・・・結論から言えば,何も目立った被害はありませんでした。

 これはやはり,平屋造という点,また,M'工務店さんの耐震技術が優れているということだと思います。

イ 2月22日

 そして,地震から9日後,現場を再度確認しますと,丁度現場にM'工務店さんの担当者がおり,工事中の新居の中を見せてもらえることになりました。

f:id:sizyuukara-1979:20210301115937j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20210301120149j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20210301120301j:plain


まずは外観から(会社名が表記されている部分は消しています。)。

f:id:sizyuukara-1979:20210301121704j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20210301121738j:plain


 こちらが内部の様子です。

 素人なのでよく分かりませんが,太い柱や筋違いに柱を組んでいることから,地震による被害がなかったようです。

f:id:sizyuukara-1979:20210301122008j:plain


 こちらがお風呂部分。
 ちなみに床が濡れているのは,前日まであった雪のせいだそうです。

f:id:sizyuukara-1979:20210301122123j:plain


 こちらはトイレ予定地です。

f:id:sizyuukara-1979:20210301122210j:plain


 寝室からリビング方面(間に書斎有り)を撮影しました。

f:id:sizyuukara-1979:20210301122243j:plain


 最後は天井,この辺りにロフトがきます。

 なお,ロフトには本を置く予定ですが,私,とにかく本が沢山あるので,柱やら特に床板やら,頑丈な物,ということでお願いしております。

 それ程長時間,内部を見ていた訳ではなく,また,なかなか撮影しにくい(どこを撮ればいいか分からない。)ためあまり写真はありませんが・・・しかし,少しずつ家らしくなる様が見れてとても良い体験でした。

 なお,今後の予定について聞いたところ,

 ①まず,内側からシートを,そして内外に壁を張り,その中に断熱材(新聞紙をコーティングしたもの)を吹き付ける。

 ②①が終わり次第,次は電気系の工事に入る(この際,現場で打ち合わせをすることがある。)。

 という説明を受けました。

ウ 2月28日

f:id:sizyuukara-1979:20210301122813j:plain


 そして翌週。

 まだ外壁が張られている訳ではないので,電気関係の工事は3月に入ってからになりそうです。

 また,屋根が葺きあがっているのが分かるかと思います。

 どうやら,震度6弱地震という大きな災害が発生しましたが,幸い工事は順調に進んでいます。

二 新居に関係する事務(雑務?)

ア 上棟祝いとそのお返し


 実は,2月上旬頃から,実家の両親のところに,「両親が懇意にしている,新居予定地付近の住民」4人より「上棟祝い」が贈られていることが判明しました。

f:id:sizyuukara-1979:20210301123807p:plain

 具体的な内容ですが,3人が1万円,1人が5000円,うち2人が焼酎までくださりました。

 私の実家付近(つまり新居予定地)はどちらかというと片田舎,まだまだこういう付き合いが残っているようです。

 余談ですが,周辺の人達,結構興味津々に私達の新居の状態を定期的に見ているようで,実家の両親には「いつ上棟式をやるんだ?」と聞いていたそうです(その点は,現在のコロナ禍を出して,やらない旨両親が説明していました。)。

 しかし,全く面識の人達から上棟祝いを貰う,というのも不思議な話ですが・・・まぁ,新居に住んだら何らかの関わりが出てきます,頂けるものは頂きます。

 ただ,貰いっぱなし,という訳にも当然いかず,何かお返しを考えることにしました。

f:id:sizyuukara-1979:20210301123916p:plain


 とは言え,こういうお返し,あまり経験がないことと,贈り主が実家の両親と同じ,またはその上という世代のため,どんなものでお返しをすればいいか,結構悩むことになりました。

 だって,あまり高齢な方々が物(基本,お返しとしてお金とか商品券を選択するのはNGとのこと。)を貰っても喜ぶか疑問でした。

 それならば何かグルメ系のギフトでも贈ろうかと考えたところ,うちの親父曰く,「田舎の人間はグルメではない」と身も蓋もないことを言う始末・・・。

 散々迷った挙句,ここはもう,「ギフトカタログ」が一番,ということになり,「ギフトプラザ」さんで義父とカタログを購入することにしました。

gift-p.com


 具体的には,1万円包んでくれた方には5000円程度,5000円包んでくれた方には3000円程度のギフトカタログを選びました(なお,表書きは「上棟内祝い」としてもらいました。)。

 また,ギフトカタログと合わせて,お菓子屋さんの「シャトレーゼ」さんに行き,1000円程度のお菓子を購入,それも一緒に配ることにしました。

www2.chateraise.co.jp


 そして,親父と一緒に,上棟祝いをくださった方々の家を一軒一軒周り,幸い,1日でお返しを渡すことができましたが・・・上棟祝いは全く想定しておりませんでした。

 恐らく次は,新居が完成して入居後,また周辺住民へ何か挨拶周りをする必要がある・・・と考えてはいますが,まだ具体的にどうするかは思いついてはいません。

 今のうちから,色々と情報を仕入れてその対策を考えておいた方がよいかも知れません。

イ 住宅ローンの関係

 最後は前回,少しお話しました住宅ローンの関係です。

sizyuukara-1979.hatenablog.com

 
 こちら,無事ローンの審査が通り,1000万円,借り入れすることができることになりました。

 具体的な契約締結は,まだ先となるとのことでしたが,後顧の憂いがなくなり安心いたしました。

 これから考えるべきこと・やることは,

 ⅰ引越し準備
 ⅱカーペット,カーテン,ベッドなどの選定
 ⅲクーラー等家電選び

 などが待ち構えているのですが・・・さて,ちょっとまだ重い腰を動かす気力が出ていません。
 でも,そろそろ始めなければ・・・。

(次回に続く)