四十雀の素人・初心者による週末農業(+α)日記

四十雀の素人・初心者による週末農業(+α)日記

福島県在住のアラフォーど素人初心者の手による週末農業(野菜・ハーブ育成)の様子を始め,県内(及び隣接県)の温泉,日本酒,釣り紀行,各種写真(野鳥,風景,猫等々)等,名産品や見所をゆるくご紹介するブログです。

はじめに

はじめまして、私、四十雀(しじゅうから)と申します。

f:id:sizyuukara-1979:20190901085401j:plain


簡単に自己紹介させていただきますと、
①平成最後(令和最初)の年現在で不惑の歳(四十雀だけに)
➁「ポケモン」の「ラッキー」が応援する県「福島県」在住

f:id:sizyuukara-1979:20190901082013j:plain


③温泉巡り、麺類食べ歩き、写真撮影、日本酒飲みが大好き
・・・という既婚男です。

 

f:id:sizyuukara-1979:20190901082535j:plain


とりあえず、こんな感じの夫婦(私(四十雀)、細君(雀))だとイメージしていただければと思います(あくまで「イメージ」で、こんな愛らしい姿はしておりませんが・・・。)

さて、今回、拙いながらもブログをはじめました。
その理由は、平成最後となる年、20年来働いた職場から出向を命ぜられ、別の勤務先へと赴任したのですが、そこが想像以上に暇で、せっかくなので今のうちにセカンドライフに繋がる趣味を持とう、そして、その過程を記録しておこう、と思ったためです。

そして、セカンドライフの趣味第一弾として「週末農業」を始めたのですが、それだけでは暇な時間を埋めることができず、折角なので、私が生息する福島県の温泉や日本酒なども紹介しようと思い始めました。

その結果、本ブログに掲載してあるネタは次のとおりとなります。

①週末農業(素人の私が育てる野菜の紹介)
➁週末農業レシピ(私が育てた野菜で作る料理のレシピの紹介)
③ハーブ育成日記(素人の私が育てるハーブの紹介)
④湯けむり紀行(福島県や他県の温泉の紹介)
⑤日本酒紀行(福島県の酒蔵や製造する日本酒の紹介)
⑥立ちそば紀行(福島県や他県の立ちそば・駅そばなどの紹介)
御朱印探訪(私が訪れた御朱印をもらえた神社の紹介)
⑧カメラ小話(私が所有するカメラの素人目線での紹介)
⑨野鳥撮影日記(私が撮影した野鳥の写真の紹介)
➉よもやま放浪撮影日記(訪れた福島県内各市町村の隠れた見どころの紹介)
⑪よもやま動物撮影日記(猫、魚、動物園など、動物に関する私が撮影した写真の紹介)
⑫各釣り日記(へっぽこアングラーの私の釣り日記)


(令和2
年5月15日現在)

このブログのコンセプトとしましては、週末農業・ハーブ育成日記については、私のように素人・初心者の方で、農業やハーブ育成を始めようとする方の参考になれば、という点と、福島県内に興味のある方に、県内の温泉や日本酒、また、ディープな観光名所に関心を持っていただきたい、という点にあります。

また、写真撮影関係については、私自身の撮影のスキル向上が主とした目的となっています。

拙いブログではありますが、ぜひ目を通していただけますと幸いです。

sizyuukara-1979.hateblo.jp

このブログの姉妹ブログです。興味のある方はぜひ見てください。

平成31年3月吉日
(令和元年9月1日 第一次近代化改修)
(令和2年5月15日 第二次近代化改修)

名産・名物食べ歩き(会津のべこの乳アイス牧場・福島県河沼郡会津坂下町)

こんにちは、四十雀です。

今回は、河沼郡会津坂下町にある「会津のべこの乳アイス牧場」さんで購入した商品についてご紹介をしたいと思います。

さて、中通り地方、浜通り地方及び会津地方の3つの地方に分かれる福島県内では、昔からその地に馴染んだ牛乳メーカーさん・・・いわば「ご当地牛乳メーカー」さん・・・が存在しています。

sizyuukara-1979.hatenablog.com

 

 

sizyuukara-1979.hatenablog.com
無論、会津地方にも、そのような「ご当地メーカー」さんが存在しています。
それが、今回ご紹介する会津のべこの乳アイス牧場さんを運営する「会津中央乳業株式会社」さんとなります。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161503j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161513j:plain


会津中央乳業株式会社さんは国道49号線沿いにあります。トラックに描かれたマークが同社さんの商品にもついていて目印になります。

なお、会津のべこの乳アイス牧場さんは会津中央乳業株式会社さんの敷地内にある、いわば直売所になります。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161526j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161537j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161549j:plain


この看板と牛の置物が目印です(なお、置物のうち一つはベンチとなっています。)。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161602j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161612j:plain


なお、入口前にはこんこんと地下より清水が湧き出でています。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161623j:plain


建物外には、とても味がある自販機が置かれていました。現役ではないようですが、このレトロさがとても好きです。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161636j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161646j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161657j:plain


店内は直売所となっており、会津中央乳業株式会社さんの商品を購入することができます。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161709j:plain


また、ソフトクリームやアイスクリームを購入することも可能です。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161721j:plain


うちの細君も早速購入していました。
今回購入したのはソフト&アイスで、ソフトはバニラ、アイスは期間限定のエゴマです。

私も一口二口もらいましたが、ソフト部分はとても濃厚でねっとり感と甘さの強く美味しいソフトクリームでした。
そしてエゴマのアイス部分ですが・・・これがまたほろ苦い、なかなかもって独特な風味が楽しめます。なかなか独創的な味を楽しめる品だと思います。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161735j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161811j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161819j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161831j:plain


また、テスト販売中の「まめグルト」を購入して見ました。
見た目は一般的にある「豆乳ヨーグルト」に近い感じで、普通のヨーグルトよりもねっとりして粘度が高く、食べてみると甘さ控えめ、口内には豆乳の風味広がる美味しいヨーグルトでした。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161845j:plain


なお、敷地の隣にはそば畑が広がっていて、丁度訪れた時はそばの花が満開で綺麗でした。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161858j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161908j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161920j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161932j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161941j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003161952j:plain


会津中央乳業株式会社さんの商品のパンフレットです。

会津中央乳業株式会社さんの商品の一部は中通り地方でも購入することが可能で、たまに購入して食べますが、美味しい商品が揃っています。

興味がある方はぜひ一度、お試しください。

ハーブ育成日記(令和2年11月③)

令和2年11月23日 晴れ

こんにちは,四十雀です。

今回のハーブ育成日記の活動内容は次のとおりとなります。

1 ペパーミント

f:id:sizyuukara-1979:20201125185536j:plain


露地植えされているペパーミントの様子です。
繁殖等する訳でもなく,特に問題はありません。

f:id:sizyuukara-1979:20201125185555j:plain


プランターに植え替えをしたペパーミントの様子です。
こちらも特に問題はなさそうです。両者とも,時期的に成長が止まっているのやも知れません。

※現在の育成方針等
露地植え分・ベランダ分ともに当面様子見(ベランダ分は場合により室内に移動)

2 バレリアン

f:id:sizyuukara-1979:20201125185822j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201125185833j:plain


バレリアンの様子です。
咲いていた花もついに枯れ始めました。とは言え,葉の勢いについては全く問題は感じらず,問題はないようです。

※現在の育成方針等
将来的に株分けをし,その後利用方法について検討

3 ローズマリー

f:id:sizyuukara-1979:20201125185849j:plain


ローズマリーの様子です。
見たところ特段の変化はありません。耐寒性があるので,大分冷えてはきましたが,問題なく冬越ししてくれそうです。

f:id:sizyuukara-1979:20201125185905j:plain


丸鉢で育てているローズマリーの様子です。
見た限り,目立った変化がないため大丈夫かどうか心配になりますが,とにかく現状は様子を注視して行く予定です。

f:id:sizyuukara-1979:20201125185923j:plain


バーミキュライトに入れて育てているローズマリーの様子です。
発根までにはまだしばらく時間がかかると思うので,このまま様子を見たいと思います。

※現在の育成方針等
①露地植え分については積極活用予定
②丸鉢分についてはベランダに置き様子見(水は1週間に2回,水曜日と土曜日に与える。)
バーミキュライト分については室内に置き様子見(水遣りは②と同じ)

4 ジャーマンカモミール

f:id:sizyuukara-1979:20201125185938j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201125185950j:plain


ジャーマンカモミールの様子です。

写真上が土で育つ株,写真下が砂で育つ株です。その大きさが一目瞭然かと思います。

どちらも日差し的には大体同じ場所なのですが,こうも違いがあるようです。

一応,このまま様子を見る予定ですが,土で育つ分については多分このままで冬越し出来ると思われるのに対し,砂で育つ分については多少不安があります(去年はマルチングを使いました。)。

この点についても,よく観察してみたいと思います。

※現在の育成方針等
様子見

5 レモンバーム

f:id:sizyuukara-1979:20201125190007j:plain


バーミキュライトで育てているレモンバームの様子です。
特段変化はありません。そろそろ一度,発根しているかどうか,確認してみたいと思います。

※現在の育成方針等
様子見(水は1週間に1度程度,水曜日と土曜日に与える。)

6 チャイブ

f:id:sizyuukara-1979:20201125190024j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201125190036j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201125190046j:plain


チャイブの様子です。
現時点で3株,成長しているのが確認できています。

チャイブは耐寒性がある・・・はずなので,多分問題なく冬越しできるかと思いますが,注視して行こうと考えています。

うまく成長し,その後繁殖・増産できると良いのですが・・・。

※現在の育成方針等
様子見

今回の活動内容は以上のとおりとなります。

新居を建てる話(その⑤)

こんにちは,四十雀です。

今回は,私こと四十雀が新居を建てるまでの話,第五夜となります。

時期:令和2年5月頃

さて,前回,郡山市役所建築指導課に対し,新居建築関係の審査について,色々と相談に伺いました。

sizyuukara-1979.hatenablog.com


ここで改めて,その際の話を要約しますと,

四十雀
→母屋を「建て替え」して新居を建てたい。

郡山市
→すでに「母屋を建て替えするという理由」で新居(四十雀の実家)を建てているのでその方法は不可。

 代わりに,「市街化調整区域に隣接する地域内における自己用住宅」なら可能かも。詳細は「都市計画法に基づく開発許可制度の手引き」(以下,「手引き」といいます。)に書いてあるから見て欲しい。

www.city.koriyama.lg.jp


と,言うものでした。
そこで,インターネットから「手引き」を見てみたところ・・・。

四十雀
→要件のうち「当該土地を含む5haまたは当該土地を含む半径150m以内の圏内におおむね50以上の建築物(附属建築物を除く)が存する地域内に存する土地であること」がクリアできそうにないんですが・・・。

郡山市
→そうなんですか(特にアドバイスなし)。

ということでした。
要は,完全に「詰んだ」状態になった訳です。
 
しかし,なぜ上記のような要件が定められているのでしょうか。

疑問に思った私は,「手引き」の内容を見てみると,徐々にですが,その理由が分かり始めました。

その理由を理解するためには,

「市街化調整区域の存在意義」

をまず,知る必要があります。

そもそも,市街化調整区域というものは,

「新たな開発の抑制(公共施設等の新規設置)を図り,それにより人々を市街化区域に集約させる,それにより,行政的には(予算的にも)スリム化ができる。」

・・・ことを目的としているものです。

そして,もう一つの主眼が,

「税金も取るため,市街化調整区域は開発させない」

という点もあると思います。

市街化調整区域は,どうも都市計画税が課税されないなど,税制面で優遇されている(=自治体的には税収が減る)という面もあり,その意味では,そんな所,開発されたくはないでしょう(あくまで私個人の見解ですが。)。

この理由の意味,理解できなくはありません。
ただ,だからといって,何でもかんでも無制限に開発を制限してしまうと,不利益を受ける人間も出てくるかと思います。

それは例えば,市街化調整区域にある不動産を相続した人が当てはまると思います。

父祖伝来の土地を相続した,でも,制限がありすぎて開発できない・・・しかも,開発できないから買い手も付かない。そんな事態に陥ることは目に見えています。

無論,我が家も,同じような事態に陥る可能性があります。
不動産所有者の親父が死亡,その相続が発生した場合に・・・。

規制する理由は理解しつつも,それが必ずしも自分の中では納得は出来ず,段々と怒りがこみ上げてきました。

しかし,一人で怒っていても仕方がありません。
まずは,今回の説明内容の結果を踏まえた今後の方針について,実家で家族会議を開催,話し合うことにしました。

時期:令和2年6月頃

さて,実家での家族会議には,

①両親
四十雀及びうちの細君
四十雀の兄

の計5人が参加しました。

なお,四十雀の兄は現在,私同様民間住宅に住んでいて,今後新居を建てるかは未定ですが,不動産の活用方法について,自身にも関係する話なので,今回家族会議に駆けつけました。

さて,家族会議の内容ですが,やはり,郡山市役所に対する愚痴が大半を占めていました。
もういっそ,こんな土地に成長の早い木でも植えて放置しておくか,という迷論? も出たほどです。

まぁ,私自身,郡山市を相手に訴訟するか,とか,親の相続に関しては,生前に現金・預貯金等生前贈与を受け,不動産に関しては相続放棄するか,等と考えていましたが・・・。

ところで,この家族会議で初めて知ったのですが,私の亡き祖父は農業従事者であったため,問題の母屋は「農業住宅」として建てられたもので,その母屋の建て替え名目で作られた現在の実家も,農業住宅に区分されている,という話を聞きました。

今回問題となっている市街化調整区域,実は,農業従事者が農業住宅として新居を建てるのは比較的ハードルがまだ低いようです。

そのためには,新居に住む人間またはその家族が専業または兼業の農業従事者(認定農業者)になる必要があるとのことで,それならいっそ,認定農業者にでもなるか・・・など,一瞬考えてしまいました。

ただ,認定農業者になるハードルの方が高く,一定面積の農耕地を所有し,年間指定された日数,農業に従事しなければ認定されないとのことで,現実的に私には出来そうにありませんでした。

このように,方針が定まらず小田原評定のようになりかけた家族会議,私も,もはや建売物件を探すことに心が傾きかけていましたが,ここで親父より,

「懇意にしている市議会議員に相談する」

という話が出されました。
私は全く知りませんでしたが,うちの実家は郡山市の在の方にあることもあり,市街地に住む人と比べ,どうも市議会議員との付き合いが濃厚,とのことでした。

正直,市議会議員の力がどの程度あるものなのか,私は全く分かりませんが,しかしながら,他に打つ手がないのも事実の状態でした。

ひとまず,親父の市議会議員への相談と平行して私は建売物件を探して見る,という方針を確認し,今回の家族会議は終了したのです。

(次回に続く)

日本酒紀行(ほまれ酒造④・福島県喜多方市)

こんにちは、四十雀です。

今回は、以前ご紹介しました「ほまれ酒造」さんについて、前回ご紹介しました焼酎とは別の商品について飲んでみましたので、そのお酒のご紹介をいたします。

sizyuukara-1979.hatenablog.com


さて、今回、あえて日本酒ではなく焼酎を選択した理由ですが、以前郡山駅前の百貨店「うすい」さんで九州展が開催された際、こちらの商品を購入したからです。

f:id:sizyuukara-1979:20201003160809j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160818j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160832j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160908j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160918j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160929j:plain


熊本県の名物、辛子蓮根です。大分前に一度食べたことがありました品で、久しぶりに酒の肴に一本、購入してみました。

f:id:sizyuukara-1979:20201003160940j:plain

 

f:id:sizyuukara-1979:20201003160950j:plain


今回購入しましたお酒はこちら、「本格米焼酎豊年」です。
・・・辛子蓮根を食べるのならば、本場の如く芋焼酎が良いかな、と思ったのですが、福島県内で芋焼酎を作っているか分からず、目についたこの焼酎を買うことに決定しました。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161009j:plain


今回は水割りで飲んでみました(なお、今回は自宅ではなく、実家に辛子蓮根等を持参で飲んでいました。)。全然癖のない、飲み口の良い淡麗な焼酎です。

f:id:sizyuukara-1979:20201003161029j:plain


辛子蓮根と焼酎です。シャキシャキした蓮根の食感の後、ツンとした辛子が鼻に突く辛子蓮根、これは癖になる味です(もっとたくさん買って来ればよかった・・・。)。そして、その辛味を焼酎で洗い流すとこれまた乙な感じです。

たまには他県の珍味を肴に酒を飲むのもまた一興、と言った感じです。

皆様もぜひ、美味しい珍味とお酒をお楽しみください。